英語発音(アメリカ)

英語の発音方法



Contents

英語発音の決定要素

母音音声

子音音声

アイオワ大学のPhonetics

英語と日本語の違い

母音

 短母音

 長母音

 R音性母音を含む母音

 その他の母音

子音

 破裂音

 鼻音

 摩擦音

 接近音

 側面音

 破擦音

 
PR

短母音 ( short vowel )


ここでは、フォニックスにおいて、アルファベットの1文字が1音を表す母音と短母音とします。英語の短母音はアルファベットで書くと "a","e","i","o","u" の5つです。

一般的に、カタカナで書くと、「ア」、「エ」、「イ」、「オ」、「ウ」となり、日本語の母音と同じように感じられますが、日本語と同じ発音なのは"e"(「エ」)のみです。

a [ æ ] 「ア」と「エ」の間の(やや「ア」に近い)発音

単語例: map [ mˈæp ]
e [ e ] 「エ」の発音(日本語と同じ発音)

単語例: ten [ tén ]
i [ ɪ ] 「イ」と「エ」の間の(やや舌を後ろにして)発音

単語例: pin [ pín ]
o [ ɑ ] 「ア」の口で舌を後ろにして発音

単語例: hot [ hάt ]
u [ ɜ ] 「ア」と「オ」の中間ぐらいの発音
英語で一般的に /ʌ/ と表記される母音は、現代アメリカ英語では [ ɜ ]

単語例: luck [ lˈɜk ]

※ 日本語の「ア」( [ a ] )と「ウ」( [ ɯ ] )の発音は、フォニックスの発音にはありません。「イ」( [ i ] )と「オ」( [ o ] )は英語にも存在する音声ですが、フォニックスでは短母音には含まれません。

例えば、「オ」( [ o ] )は英語にも日本語にも存在する音声ですが、フォニックスでは長母音[ oʊ ] にしか使われていません。

note [ nóʊt ] は「ノート」ではなく、「ノゥト」に近い発音になります。



※ 各音声の「舌の位置」「唇の形」「顎の開閉度」は母音音声の表を参照ください。
※ [ ] 内は発音記号(IPA)です。
※ 発音は前後の音により変化する場合があります。また、個人差もあります。


参考サイト:

国際音声記号 - Wikipedia
母音 - Wikipedia
Wiktionary:日本語の発音表記 - ウィクショナリー日本語版
英語発音表(発音記号+音声+フォニックス スペル) - 母音編 - Xiuyin
母音音声比較表(英語・中国語・日本語) - Xiuyin


<< 前ページへ    次ページへ >>