英語発音(アメリカ)

英語の発音方法



Contents

英語発音の決定要素

母音音声

子音音声

アイオワ大学のPhonetics

英語と日本語の違い

母音

 短母音

 長母音

 R音性母音を含む母音

 その他の母音

子音

 破裂音

 鼻音

 摩擦音

 接近音

 側面音

 破擦音

 
PR

英語発音の決定要素


・ 母音は舌の形唇の形顎の開閉度で決まります。

・ 子音は(唇、歯等の)調音部位と(摩擦、破裂等の)調音方法と発声(有声/無声)で決まります。

母音(ぼいん)とは舌、歯、唇または声門で空気の流れを妨害することなく、ある程度の時間、声を保持する持続音です。母音は有声音です。

有声音(ゆうせいおん)とは、声帯の震動を伴う音です。
有声音を出している時にのどに手を当てると、震動しているのがわかると思います。
基本的には日本語の濁音は有声音に含まれます。
無声音(むせいおん)は声帯の震動を伴いません。

子音(しいん)とは口の中で空気の流れを妨害することによって発する音です。
子音には有声音と無声音があります。

このサイトでは フォニックス ルール の発音と国際音声記号(IPA)をベースにアメリカ英語の発音について記述します。

母音音声


英語発音は子音中心と言われますが、母音の発音も日本人には簡単ではありません。

次の表は『「英語の母音音声の発音記号」と「日本語の母音音声」』の『「舌の盛り上がりの頂上の位置」と「唇の形」と「顎の開閉度」』を表にしたものです。

  前舌   中舌   後舌
非円唇 非円唇 非円唇 円唇 非円唇 円唇
i
      u
    ɪ   ʊ    
半狭 e
        o
      ə      
半広     ɜ(ʌ)*     ɔ
  æ          
      ɑ  

* 英語で一般的に /ʌ/ と表記される母音の現代アメリカ英語のIPA表記は [ ɜ ]

子音音声


L と R など、日本人には聞き分けるのが難しい子音があります。

次の表は『「英語の子音音声の発音記号」と「日本語の子音音声」』の『調音部位調音方法と発声(有声/無声)』を表にしたものです。

方法\部位 両唇 唇歯 歯茎 後部
歯茎
そり舌 硬口蓋 両唇
軟口蓋
軟口蓋 口蓋垂 声門
破裂 無声 p
  t
      k
   
有声 b
  d
      ɡ
   
有声 m
  n
      ŋ  
はじき 有声                    
摩擦 無声 f θ s
ʃ         h
有声   v ð z
ʒ            
接近 有声           ɻ(r)* j
w    
破擦 無声       ʧ            
有声         ʤ            
側面
接近
有声     l            

* 英語で一般的に /r/ と表記される子音のIPA表記は [ ɻ ]

1 : 外唇
2 : 内唇
3 : 歯
4 : 歯茎
5 : 歯茎後部
6 : 硬口蓋前部
7 : 硬口蓋
8 : 軟口蓋
9 : 口蓋垂
10 : 咽頭壁
11 : 声門(声帯)

Places of articulation.svg


Phonetics: The Sounds of American English


アイオワ大学のサイトに、上記と似た方法で発音を解説しているページがあります。
(当サイトではフォニックス ルール の発音と国際音声記号(IPA)をベースにしているため、内容が若干異なります。)

Phonetics: The Sounds of American English

画面上の上段のボタン:

manner (方法):当サイトの調音方法に対応
place (場所):当サイトの調音部位に対応
voice (声):当サイトの発声に対応

monophthongs (短母音):当サイトの母音音声の一部に対応
diphthongs (二重母音):当サイトの長母音、および、その他の母音の一部に対応


画面上の下段のボタン:

stop(閉鎖音):当サイトの破裂音に対応
fricative(摩擦音):当サイトの摩擦音に対応
affricate(破擦音):当サイトの破擦音に対応
nasal(鼻音):当サイトの鼻音に対応
liquid(流音):当サイトの接近音の一部に対応
glide(わたり音):当サイトの接近音の一部に対応

英語と日本語の違い


上記のように、英語には日本語とは発音の方法が異なる音があります。
これらの音を正しく発音するのは日本人には簡単ではありません。

さらに、発音するのが難しいだけでなく、これらの発音方法が異なる音は、日本人には正しく聞き取れず、日本語の発音に聞こえてしまう場合があります。

なぜなら、日本語を聞き取るためには、ある音が日本語のどの音かを聞き分けることが必要で、もし、日本語でない音として聞き取ってしまうと、日本語としては理解できません。
(長年、日本語しか話さなかった人が、英語を正しく聞き取るのは難しいことです。)

また、英語を正しく発音するためには、英語発音が正しく聞き取れるようになることが重要です。
なぜなら、発音が正しく聞きとれないと、正しく発音できているか自分では判断できないためです。

英語の発音は聞き取り練習することで上達できます。

次ページ以降では、英語の母音、子音の発音の方法を説明します。


※ [ ] 内は発音記号(IPA)です。
※ 発音は前後の音により変化する場合があります。また、個人差もあります。


参考サイト:

国際音声記号 - Wikipedia
調音部位 - Wikipedia
母音 - Wikipedia
子音 - Wikipedia
Wiktionary:日本語の発音表記 - ウィクショナリー日本語版
Phonetics: The Sounds of American English - The University of Iowa
子音音声比較表(英語・中国語・日本語) - Xiuyin
母音音声比較表(英語・中国語・日本語) - Xiuyin
フォニックス 【英語】 - Xiuyin
英語にあって日本語にない発音

次ページへ >>